読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WOLやってみた(HP ML110G5・Ubuntu)

Wake On LAN(WOL)とは

 Wake On LAN(WOL)とは停止したパソコンを遠隔操作で起動できる技術のことです。最近は停止したPCをスマフォで起動させるのがぼく的ブームになっております。

 これまでML110G5にHDDをどっさりのせて(最大4基のる)、ファイルサーバとして常時起動で使っていましたが、政府の節電要請がありましたので、停止することにしました。あまり使っていないネットブックがあったので、それをファイルサーバにして、サーバはお役御免・こいつは晴れてデスクトップマシンとして使うことになりました。

 ただ、もともと常時起動のため、起動停止を考慮しない設置になっておりまして、ようはタンスの上に設置してあり、電源を手動でつけたり消したりがとても面倒なのです。ここでWOLの出番! とても快適に電源ONができるようになりました。

 iphoenやAndroidアプリからマジックパケットを飛ばしてやると、コンマ数秒でPCがブオーンと爆音をたて起動しだします。インターネット経由(WiMAXのポケットWifiでテスト)でも1秒もかからず起動できた。すごい、便利過ぎる。

 外出先からでもできる(インターネット経由)ってのが便利すぎる。仕事から帰ってすぐパソコン使いたい時とか、家の前についたらアプリで「ピッ」とやれば、家に入ったころには起動が済んでおり、リビングのドアをあければ、いつもの魔法少女たちがお出迎えというわけです。素晴らしすぎる!

環境

手順

  1. PCのBIOS確認
    • 起動時にF10を押してBIOSに入る
    • デフォルトで「Wake on LAN ENABLE」になってた
  2. OSの設定確認
    • ethtool eth0 にて wol gになっていることを確認(表示例)
    • デフォルトでなってた。最近のubuntuはそうなのかも。
  3. MACアドレスの確認
    • ifconfig eth0 で確認(表示例)
    • MACは後ほどアプリ側で必要になるので控えておく。
  4. ルータでポート開ける(ルータによってやり方違うと思う)
    1. [ポートマッピング設定]で
      • 変換対象プロトコルUDP
      • 変換対象ポート=9
      • 宛先アドレス=ML110G5のアドレス
      • 宛先ポート=9
    2. ルータ再起動
  5. Ubuntuを停止(ハイバネート)
  6. 以下のアプリで遠隔起動のテスト

注意事項

  • なぜかshutdown -h nowなど、完全に電源が停止した状態ではWOLが効かなかった。
  • サスペンド(pm-suspend)からの復帰は、可能だが、画面が砂嵐状態に化けて使い物にならなかった(sshアクセスは問題無し)
  • 結局、ハイバネからのWOL動作のみテストOK

動作確認したアプリ(Android)

  • WoL Wake On Lan Wan(無料) : android market
    • LAN内、インターネット越しでもOK。完璧
  • WOLショートカット(無料): android market
    • LANOK,インターネット越しはなぜかうまく行かなかった。

動作確認したアプリ(iPhone)

  • Mocha WOL ver1.0(無料): itunes
    • LAN内、インターネット越しでもOK。完璧
    • mocha系は意外と外れがない。mocha RDPとかもよかった。いまは使ってないけど。
  • RemoteBoot Lite(無料):itunes
    • LANOK,インターネット越しはなぜかうまく行かなかった。

動作確認したアプリ(Windows7のノートPC)

コマンド実行例

saber:/# ethtool eth0
Settings for eth0:
	Supported ports: [ TP ]
	Supported link modes:   10baseT/Half 10baseT/Full 
	                        100baseT/Half 100baseT/Full 
	                        1000baseT/Half 1000baseT/Full 
	Supports auto-negotiation: Yes
	Advertised link modes:  10baseT/Half 10baseT/Full 
	                        100baseT/Half 100baseT/Full 
	                        1000baseT/Half 1000baseT/Full 
	Advertised pause frame use: Symmetric
	Advertised auto-negotiation: Yes
	Speed: 100Mb/s
	Duplex: Full
	Port: Twisted Pair
	PHYAD: 1
	Transceiver: internal
	Auto-negotiation: on
	MDI-X: Unknown
	Supports Wake-on: g
	Wake-on: g
	Current message level: 0x000000ff (255)
			       drv probe link timer ifdown ifup rx_err tx_err
	Link detected: yes

  • ifconfig eth0 (ハードウェアアドレスがMACです)
kk@saber:~$ ifconfig eth0
eth0      Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 00:22:64:XX:XX:XX  
          inetアドレス:192.168.XXX.XXX  ブロードキャスト:192.168.XXX.XXX  マスク:255.255.XXX.XXX
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:982 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:980 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
          衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000 
          RXバイト:881233 (881.2 KB)  TXバイト:188020 (188.0 KB)
          割り込み:17 

NAME
       pm-action - Suspend or Hibernate your computer

SYNOPSIS
       pm-hibernate [--help]

       pm-suspend [--quirk-*] [--help]

       pm-suspend-hybrid [--quirk-*] [--help]

DESCRIPTION
       This manual page documents briefly the pm-action, pm-hibernate, pm-suspend
       and pm-suspend-hybrid commands. This manual page was originally written for
       the Debian(TM) distribution and has been adopted by the pm-utils project.

       These commands can be used to put the machine in a sleep state. The precise
       way how this is done can be influenced by installing executables and
       configuration snippets. For some options external programs are needed.

       These commands will usually be called by UPower or hald when triggered to do
       so by a program in a desktop session such as gnome-power-manager. Calling
       them from the command line is also possible, but it is not guaranteed that
       all programs in your desktop session keep working as expected.

       pm-suspend
           During suspend most devices are shutdown, and system state is saved in
           RAM. The system still requires power in this state. Most modern systems
           require 3 to 5 seconds to enter and leave suspend, and most laptops can
           stay in suspend mode for 1 to 3 days before exhausting their battery.

       pm-hibernate
           During hibernate the system is fully powered off, and system state is
           saved to disk. The system does not require power, and can stay in
           hibernate mode indefinitely. Most modern systems require 15 to 45 seconds
           to enter and leave hibernate, and entering and leaving hibernate takes
           longer when you have more memory.

       pm-suspend-hybrid
           Hybrid-suspend is the process where the system does everything it needs
           to hibernate, but suspends instead of shutting down. This means that your
           computer can wake up quicker than for normal hibernation if you do not
           run out of power, and you can resume even if you run out of power.
           s2both(8) is an hybrid-suspend implementation.