読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macで Vimで KeyRemap4Macbookで 親指シフト な場合のメモ

日本語ユーザ且つMac使いの人の場合、MacVimでインサートモードで日本語入力中にEscでノーマルモードに戻った場合、コマンドが打てなくてつらい思いをします。


細かい説明は抜いといて、Mac使いの人で、MacVimもよく使う人で、且つ親指シフトですよって人は最低限以下の環境、設定にしとけば大丈夫ですよ、というメモを残しておく。過去に関連記事を結構かいているのでかぶってる内容もあるが。。。

まずは KeyRemap4MacBookをインストール(親指シフトエミュレータとして)

Karabiner - OS X用のソフトウェア
(この記事作成時のバージョンは9.2.0でした)

KeyRemap4MacBook親指シフトの設定

画面上部の口アイコンをクリックし「Preference...」をクリック


検索窓で「親指」と入力、「<ローマ字モード>左シフト=英数、右シフト=かな」にチェックをいれる (EISUUx2がおすすめですと書いてあるが、今回はチェックしない)


KeyRemap4MacBookはまだ閉じない。

KeyRemap4MacBookVimの設定

検索窓で「Escape to EISUU」と入力し、「Escape to EISUU+Escape」項目にチェックを入れる。


最後に「ReloadXML」をクリックし、KeyRemap4MacBookを終了する。再起動は不要、もう反映されている。


これでMacVimで日本語入力中にEscでノーマルモードにもどっても、キー入力は英数になっているのでそのままコマンドを使える。


以上