読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

auぷりペイド契約して翌日にMNP。。。

近頃話題のMNPとやらがどんなものなのかを体験するために実際にやってみた。もっとも敷居の低いMNP弾としてネットで有名なauぷりペイドで試してみた。

必要なもの

    • 白ロム(近所の中古ケータイ屋でゲット、友だちから使ってない端末もらう等、ガラケーだったら4,000円くらいで買える)
    • ぷりペイド事務手数料:4,000円
    • CDMAぷりペイドカード: 3,000円x2枚=6,000円(強制、チャージは自分でしないといけない)
    • 消費税等:200円
    • 合計:白ロム代+10,200円

最近MNP対策で同時購入(必須)のぷりペイドカードの料金が倍額に

ググると、今までは3000円(1,000円x3)で買えていたらしい。いまはMNP対策と思われるが6000円(3000円x2)。しかも大黒屋とか金券ショップ売っているようなカード・タイプじゃない、A4用紙にぷりペイドカード番号が書いているだけのものを渡される。。。金券ショップに売られるのを防ぐとてもよい作戦です。


自分でカード番号を見ながらチャージする必要がある。カード番号が書かれた紙には、「チャージ(カード登録)の翌日から通話できる」、と読み取れる記載があったが、チャージしてしまえば当日から通話可能だった。


ちなみにチャージしないと着信できない。


番号は選べない

Softbankのプリモバイルだと、下4桁は選択出来たが、auぷりペイドは選べないようだ。ショップが勝手に番号をつくってくれた。申し込みして30分ー1時間ほどで開通する、その後上記料金の支払い(現金)。

MNPへの転出

Softbankのプリモバイルと同じように、auショップに赴いて申請しないといけない。プリペイドだからMNP転出料の2,100円を現金で支払う必要があくからだろうか。MNPするのは最短でもプリペイド契約した翌日とのこと。

    • 1日目に契約し、即チャージ。
      • いちおうぷりペイド回線を利用するために契約したはずなので、実績づくりのためにどこかに通話しておく。
    • 2日目にauショップにいってMNP転出手続き。
      • 費用は2,100円、現金で払う必要かある。解約料等、他の費用はかからない。

とくに引き止められたり、「これ昨日契約したばっかですよね?怪しい人ですねアナタ」とかも言われることなくスムーズにMNP手続きできた。同日にケータイショップでドコモにMNPしたけど、こちらも問題なし。

その他注意事項

一度ぷりペイドを契約すると、2回線目のぷりペイドの契約は90日後以上たっていないとできないらしい。じゃんじゃんMNP弾製造機として大量生産されることを防ぐいい作戦。ちなみにぷりペイドは1個人で2回線までしか作れない模様。これはSoftbankと同じ。


店によってはぷりペイド用のSIMの在庫がなくて断られる場合があるようです。複数店舗を回る覚悟で。


以上