読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手帳考2016

文具 文具-手帳

今年も手帳の季節がやってきましたね。


手帳に関しては一家言あるわたしですが、近年はiPhoneAndroidのカレンダー(グーグルカレンダー連携)とリマインダー(todoリスト)でほぼ管理できているため、物理的な手帳は使っていません。


それでもミスドのスケジュールンは毎年買いますし、今の時期、県民手帳なんかもコンビニで売ってるのをみると手にとって中を確認したり、買ってしまったりします。手帳はだいすきです。


週刊ダイヤモンドで手帳特集していたので、つい買ってしまいました。


ほぼ日手帳の糸井さんのインタビュー記事がよかったですね。わたしも2000年代前半のほぼ日手帳草創期にも買っていたアーリーアダプターのはしくれでありました。あのころはネットショッピングもいまほど盛んでなくて、ほぼ日サイトから買っていた気がします。


で、今年のほぼ日手帳はなんとMOTHER2の限定カバーが!これはマザーファンとしてはコレクション用にほしいですわ。。。見た目が遊びすぎなんで、ビジネスシーンでは使えないですけどね。あと1日1ページスタイルは合わないので、やはりほぼ日手帳を今後使うことはないでしょうね。


詳細: http://www.1101.com/store/techo/2016/lineup/#



週刊ダイヤモンドの特集を見ていて、その他の注目は「MDノートダイアリー」と「ジブン手帳」と「モレスキン手帳」。

MDノートダイアリーは余白が大きくとってあって,自由記入スペースが多いところが使い勝手良さそうです。

ミドリ MDノート 手帳 12月始まり 2016 マンスリー 文庫サイズ 27441006

ミドリ MDノート 手帳 12月始まり 2016 マンスリー 文庫サイズ 27441006



ジブン手帳はスケジュール的なところを別冊にできるため、iPhoneでスケジュール管理している場合は、スケジュール用の冊子を除外して薄くできるってのが面白い。しかし、そうなるともはや手帳とは言えないかもしれない。。。しかし高い。2016miniDIARY・LIFE・IDEAのフルセットの場合は7千円もする。


モレスキン手帳も物欲は刺激されるんだけど、多分使わない。

以前購入した「ホビット」の限定モレスキンはいまも家族旅行記として活躍しているけど、手帳としてはものたりない。


安いものだと、県民手帳が郷土のネタが満載で面白い。400−500円程度で各地域のセブンイレブンやホームセンター、書店などで売っている。一年通して持ち歩くかっていうと、多分すぐ飽きて持ち歩かなくなると思うけど。


手帳特集を見て物欲に負けそうになりながら耐えて耐えて、だした結論が以下のカレンダーアプリ。iPhoneデフォルトのカレンダーとリマインダーが集約できる便利もの。

gnddesign.com「Staccal 2 - 12種類のカレンダーとリマインダー」
https://appsto.re/jp/S1PxV.i

説明動画もかっこよく作ってある。これで120円で制作費の元取れてるのか心配になりますね。

結局、来年も手帳は買わずにiPhoneかな。


以上