読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラエディタの便利ワザ

PC-Windows

軽量なのに多機能なテキストエディタということで重宝しております。

個人的によく使う機能をメモ代わりにまとめておきます。

矩形選択

「くけい」と読みます。要は行や列をまたいだ柔軟な範囲の指定が可能ということです。柔軟といっても、選択範囲は正方形or長方形になってしまいますが。

Altを押しながらマウスで選択
or
Shif + F6 を押してから、Shiftを押したまま矢印キーで範囲選択

f:id:kiyoshi_net:20160915143130j:plain

応用技として、矩形選択して、文字列を挿入、というのがあります。

01, 02. 03... とある文字列を、01.txt 02.txt 03.txt... に書き直したい場合、

下記緑選の部分を矩形選択し、「.txt」を書き足します。すると矩形選択した全ての行で.txtが追記されます。

f:id:kiyoshi_net:20160915144524p:plain

f:id:kiyoshi_net:20160915144529p:plain

置換

「この人、置換マスターです!」、と呼ばれるのが夢です。Ctrl+R で置換画面が開きます。文中の「AAA」という文字を「BBB」に置き換える、というメモ帳やExcelにもあるあれですが、sakuraエディタの置換は高機能です。

  • 選択範囲内だけの置換ができる(ファイル内全体もできる)
  • 置換する前に「該当行マーク」でどこが置換されるのか視覚的にわかる
  • 正規表現」が使える

正規表現のところだけ、よく使うものを紹介。

^ : 行頭
$ : 行末
\r\n : 改行
^[ \t]+\r\n : 空白かタブだけで構成される行 
^\r\n : 改行だけの行(空白もタブも含まれない)

タブだけで構成されている行の一斉置換はExcelのセルをサクラにコピーした時によく使います。

ソート

Alt + A で選択行をソートできます。Altを使った便利ワザはいくつかあって、

Alt + L : 文字列の左側の空白、タブを削除
Alt + R : 文字列の右側の空白、タブを削除
Alt + M : 連続した重複行の削除

f:id:kiyoshi_net:20160924062132p:plain

便利だ。。。

マクロ

実はまだ使いこなしてない。要は複数の手順を覚えさせて反復処理させるときにつかう。

Ctrl + Shift + M : マクロ記録の開始
(キー操作)
Ctrl + Shift + M : マクロ記録の完了

Ctrl + Shift + L : そのマクロを実行

以上、サクラの便利機能でした。