読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Windows10】「pagefile.sys」ファイルと「MobileSync」フォルダがものすごい容量を占めていたので解決

PC-Windows iPhone

 PC(VAIO pro, Windows10)のSSD容量がいっぱいになったので大掃除した内容の紹介です。内蔵SSDは120GBですが、最近空き容量がほとんどなくなってきました。

目次

もうパンパン

SSDはもう少し大きいほうが良かったですね。ノートPCなので、別のドライブもないですし。

f:id:kiyoshi_net:20170109042805p:plain

diskinfoというフリーツールで容量の多いフォルダ・ファイルを探す

フリーソフト。32bitと64bitがある。

forest.watch.impress.co.jp

解析結果がでた。

対処が必要なのは、11GBのページングファウル(メモリが足りなくなったときのスワップ領域的な。デフォルトで有効みたい。)と、

f:id:kiyoshi_net:20170109043654p:plain

PCの容量なんか知るかよ、と言わんばかりの容量をつかいまくってるアップル様。ダウンロードしたiOSやiTuneのバイナリ、それからiPhoneのバックアップファイルみたいです。36GBって。。。120GBのSSDの33%分ですね。

f:id:kiyoshi_net:20170109043949p:plain

とにかく、以下2点のお掃除開始。

(1)pagefiles.sys (ページングファイル/仮想メモリ)

(2)iPhoneのバックアップフォルダ

(1)ページングファイル(仮想メモリ)

仮想メモリを無効にすればいいというわけではないようです。ただ、筆者のノートPCは8GBのメモリを積んでいますので、一旦無効にしてみて、様子を見てみました。タブを複数ひらいたGoogleChromeとFireFoxを起動時点でメモリー不足のエラーが出ました。。。

f:id:kiyoshi_net:20170110004258p:plain

試行錯誤のすえ、3GB固定の仮想メモリ領域を確保することにしました。11GB→3GBなのでかなりの容量削減です。3GBでも足りなくなったので5GBに変更・・・。ChromeとFirefox起動してるだけなんですけどねー。たしかにタブはChrome40個、FireFox8個位で多いっちゃ多いですが・・・。

仮想メモリのサイズ変更は別記事にて紹介予定。こちらのページを参考にさせていただきました。

pc-kaizen.com

容量も仮想メモリサイズ固定前に比べ10GB弱増えています。(その後仮想メモリを3→5GBに増量した)

f:id:kiyoshi_net:20170110004536p:plain

(2)iPhoneのバックアップデータ保存場所をCドライブからNASに変更

以下のサイトを参考。

d.hatena.ne.jp

  1. 作業を始める前にiCloudにiPhoneのバックアップをとっておきましょう。
  2. まず、NASに C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\配下のフォルダをドバっとコピーする。
    • ここでは NAS上のフォルダ Z:\iPhone\iPhoneSE_Backup_dir\ というフォルダを作り、そこにコピー
  3. C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\ 直下の Backup フォルダは削除する
  4. Winキー→cmdと入力し、 cmd.exeがでたら右クリックし「管理者として実行」
  5. 以下のコマンドでシンボリックリンクを作成(/dオプションをつけないと、 アクセスが拒否されました。エラーがでる。)
    • 3.の手順「Backup」フォルダが削除できていないと、既に存在するファイルを作成することはできません。とエラーがでる。
mklink /d "C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup" "Z:\iPhone\iPhoneSE_Backup_dir"

Cドライブ上のBackupフォルダを消したので、空き容量がさらに16GB程度増えました。

f:id:kiyoshi_net:20170110010702p:plain

転送速度の遅いNASなので、無事バックアップとれるか心配でしたが、iPhone接続してみて、ちゃんとバックアップ取れているようです。

不要な過去のiOSも削除していまいましょう

C:\Users[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPhone Software Updates

配下に1-2GB程度のiOSのイメージが置いてあります。基本的に、iPhoneを古いOSに戻すことはほとんどありませんので、削除してしまっても問題無いでしょう。

とりあえず、使用率100%から60%くらいまで抑えることができたので当分は大丈夫そうです。次回PC買い換えるときは大きめのSSDを積んでいるPCにしたいですね。

そんじゃーの!