読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Evernote プレムアム3年版が9,800円のセール中(2/28まで) & 脱Evernote考

f:id:kiyoshi_net:20170219162826p:plain

ソースネクストでセール中。5千円以上お得!

www.sourcenext.com

及び、Evernoteをほかで代替するとしたらどうなるのだろうかということを考察してみる記事です。

Evernoteのプランは3種類

Evernoteはいま3種類のプランがあります。

  • 無料のベーシック(端末同期2台までの制限有り)月間アップロード60MBまで
  • プラス(年3100円)(端末制限なし)、月間アップロード 1GBまで オススメ
  • プレミアム(年5200円)(端末制限なし)、月間アップロード10GBまで、PDF検索機能

f:id:kiyoshi_net:20170219165331p:plain

ヘビーユーザーの方以外は基本ベーシックでも足りると思います。2端末の制限ありといっても、大抵のかたはスマホ1台とPC1台の所有でしょうから、不便は感じないかも。

今回はプレミアム版3年の紹介ですけど、筆者的にはプラスの3年版5千円とか、があると手が出しやすかったんですけどね。

プレミアム版3年9,800円ということは、通常更新するのにくらべて5千円程度お得になるということ。(プレミアムは年5200円なので、3年だと15,600円)

これまでずっと有料プランをつかっていた、今後も使う予定という人は迷わず購入でいいでしょう。

筆者はいまのところベーシック・・・

筆者も過去にはプレミアム相当の有料プランを契約していたことがありましたが、現在はベーシックです

昨年の料金改定で同期端末の制限がついたり、年間契約しかできなくなったりと残念な結果になっていますが、いまのところ無料版の月間60MBアップロードでなんとか対応できています。

以前は、写真を多くアップする月だけ、有料プランに一時的に加入、翌月解約でしのいで来たのですが、いまはそのワザが使えず残念です。

代替プランは・・・

クラウドに同期するノートはいくつかあるのですが、これに乗り換えればいいよ、という代替サービスがすぐに思いつかない状態です。そういう意味ではEvernoteのスタートダッシュは大成功、たいした企業です。

いままでアップロードしてきたデータの蓄積もありますし、アップロード容量を抑えながらちみちみつかっていく予定です。

用途を分割するとエバーノートの代替としてはすでにあります。

  • テキスト情報オンリーの Simplenote
  • 画像は Google Photo / Amazon Drive / Lineのアルバム

テキスト専用エバーノートともいえる Simplenote

とくにsimplenoteは軽快さ・同期のスピード・信頼性にすぐれたオンリーワンのサービスになりつつあります。テキスト情報オンリーのエバーノートという認識でOKです。マルチプラットフォーム対応で、最近の使用頻度でいえばエバーノートより上です。

唯一の心配は無料サービスなので突然サービス中断になるかもしれないということです。機能をゴテゴテつけないのが売りなので、今後有料機能を出すということも考えづらく、暫く無料のままでのサービス提供が続くのではないでしょうか。

以前書いたSimplenoteに関する記事も参照してくだささい。

kiyoshi.hatenablog.com

課題はやはり画像をどうするか

画像を単純にアップロードして保存するだけであれば、Google と Amazonのサービスで十分です。どちらもアップロードして閲覧する、という機能は同等なので、今後は探したい写真をすぐに検索できるかどうか、という競争になるのでしょうか。

検索でいうとGooglePhotoのほうが、顔面認識の検索がすでに十分使えるクオリティになっていることと、得意のディープラーニング技術であっと驚くソリューションを展開してくれそうな雰囲気があります。

ただ、どちらもEvernoteの代替という使い方には向いていません。筆者のEvernoteに写真を乗っけるシチュエーションとは以下です。

  • 最初にノートに名前をかく(例:「XXX行事に関するプリント」)
  • 画像の前後にテキストでコメントを書く
  • 意図した順番で画像を貼れる

スマホアプリでこれを完璧にこなせるものはないのではないでしょうか。PCでやるとしたらGoogleスプレッドシートが一番完成度が高く実現できます。画像も好きな場所に貼付できますし。ただ、スマホでこのようなドキュメント作成はちょっとめんどくさいですよね。

エバーノートアプリでよく対応するシーンとしては、こどもが学校や塾からもらってきたプリントを写真でとって保存しつつ、ノートの名前や、ノート中に適宜コメントを入れたいときです。エバーノートアプリのカメラは優秀で、プリントを撮影するとき、自動的に枠を認識して傾きを直してくれ、さらに白黒にして保存してくれます。

調子にのってパッシャパッシャとりまくっているとあっという間に60MBを超えてしまい課金をせまられるようになるので注意が必要です。

年賀状の整理にもエバーノートが便利です。届いたものを1つのノートに時系列順(とどいた順)に写真をとって保存していきます。当選番号を探すときや、年末、年賀状を書くときの優先度つけるとき1つのノートだけ参照すればすむので、とても便利です。

いまところ、そのような用途は「LINEのアルバム」が便利かなーと考えております。

いまのところエバーノート的画像保存はLINEのアルバムが便利

上記の画像保存の用途にはLINEのアルバムを使っております。

  • アルバム名が編集可能
  • スマホで手軽に
  • 共有も楽

というのが決めてです。写真と写真の間にコメントを入力、というのはできませんが、共有するという用途を考えると、Evernote以上の使い勝手ですね。

たとえば、前述の子供のプリントなどは家族や夫婦のトーク・グループ内のアルバムとして保存すれば便利です。

アルバムの作り方: 友だちやグループの会話画面で右上の「V」をクリック→ 「アルバム」を選択→右下の緑色の写真マークをクリック

でアルバムを作成することができます。

アルバムはトークあたり100アルバムまで、1アルバムに保存できる画像は千枚、ということなので、容量的な心配はそれほどいらないかと思います。唯一の難点は検索にはおそろしく向いていないので、よく使うアルバム常に上位に表示されるようにする、などの対策が必要になります。下位に表示されるようになったアルバムを最上位にするには、なにか1枚画像を追加すればOKです

どうしても検索性のほうが重要!という場合は、Gmailですね。それならテキストで検索ワードを書きつつ画像も添付できますから。ちょっと原始的すぎますかね。

まとめ

話がいろいろ飛躍した感がありますが、Evernoteガチで使ってるよ!というかたは絶対オトクなキャンペーン!

Evernoteに課金するほどじゃないなーという方はSimplenote+LINEアルバムなどでいいんじゃないかな?という内容でした。

そんじゃーの!