Windows10がアップデート バージョン1709に

アップデートを自動でダウンロードしているのだが、空き容量がたりなくなって、ダウンロードが失敗していた。Cドライブが100%になってるのに構わずダウンドードをつづけるって、ちょっと乱暴じゃないか、MS。

いらない写真データをNASにうつして、それでも空き容量たりなくて、インストールしているアプリケーションをいくつかアンインストールして、アップデートのダウンロードを再開。

アップデート自体は無事に済んだ。。。

Windows10 バージョン 1703 (OSビルド 15063.674)

Window10 バージョン 1709 (OSビルド 16299.19)

新機能が何なのかは不明。

アップデートしたデータを消すにはWindowsキーをおして 「保存スペース」と入力してクリックして保存スペースを起動

ー> 「空き領域を増やす方法を選択する」、をクリック

ー> 「今すぐクリーンアップ」をクリック

不要なアップデート関連ファイルが削除できる。Ver 1709アップデート直後、上記クリーンアップを実行したところ、17GBの領域が確保できた。

容量の少ないSSDをつんでいるノートPCにはありがたい機能ですね。

Windowsのバージョンを調べるコマンド

ファイル名を指定して実行、「winver」とうつ。