Wifi a と g

ネットカフェいくと、無料Wi-Fiが用意されていることがあります。

こないだいったところはアクセスポイントが2種類用意されていて、

  • XXXX_A
  • XXXX_G

とSSIDが二種類ありました。

この「A」と「G」はおそらくWifi規格IEEE802.11aとIEEE802.11g のことなんじゃないかなーと思います。

iPhoneのwifi選択画面からはそこまでの情報を得ることはできないですが、たぶんなんとなくそうなのかなと。

AとGどっちにつなぐのが速いんだろ、と思いますよね。暇だったので両方ついないでスピードテストアプリで図ってみました。

  • A : 下り、上がりともに20Mbpsくらい
  • G: 下り、上がりともに10-15Mbpsくらい

Aのほうが速かったです。

AとGの違い

無線機器メーカーのHPによくまとまっていました。

www.iodata.jp

  • A : 最大速度54Mbps、周波数帯:5Ghz帯
    • 障害物に弱いが、同周波数帯を使う機器がすくないので、つながったときは高速
  • G : 最大速度54Mbps、周波数帯:2.4Ghz帯
    • 障害物に強いが、同周波数帯を使う機器が多いので、干渉などで低速になりがち

よって、同じアクセスポイントからAとGがでているときは、アクセスポイントに近いならAを、遠ければGを選べばいいみたいです。

まー、普通は2つ見えてれば両方試して見ますよね。そんなに時間かからないし。。。

以上