劇場版サイコパス SS case3見てきた

f:id:kiyoshi_net:20190310221054p:plain

ストーリー

TVアニメ版サイコパスは見てない。

何年か前にやっていた劇場版サイコパスは見たことがあるくらい。

どうやら、「3週連続」的な感じで別の話を3話分やっていたようだ。今回筆者がみたのは最終話である3話目の「Case3」。

これまでの2話と話のつながりはなさそう?に感じた。

主人公は狡噛という日本人の元刑事の傭兵。

見返りを求めず自分の正義のために戦うポリシーらしい。

映画の中では巨悪と戦うというわけではないが、それなりの敵とそれなりの戦いを繰り広げる。アジアのとある地域の内戦を終わらせるため、仲間たちと戦う。

主人公狡噛は無敵なほど強いわけではなく、すきだらけで、よくやられる。なんとなく人間味がある。

中年女性が意外とおおかった

アニメ映画なので大学生くらいがメインターゲットかと思っていたが、意外と40-50代の観客も多く、中年女性も多かった。

最初おばさんだらけで、スクリーン間違えてはいったかとおもって引き返してしまった。再度入り口の「サイコパス」を確認して入場。

隣の席もおばさんだった。

予告もおわり、ストーリ開始直前。ようやく気持ちが映画モードになったときに、おばさんの客が遅れて入ってきた。ほぼ真ん中の席を事前予約していたようで、「すいません、とおしてください」と丁寧にことわりつつ、かき分けながらやってきた。

もう映画モードになっていた体勢を仕方なく動かし、膝を畳み込むのはちょっといやだったな。真ん中の席予約した人は早めに入場してくれるとありがたいのだが。

上映時間は60分程度

きっちり終わって、事前知識ほぼなしでも理解できたのでよかった。

年齢制限は?子どもがみても大丈夫?

PG12(小学生には助言・指導が必要)のレーティングがされている。

性的な表現はなく、シャワーシーンでちょっと乳首が見えるくらい。PG12は主に戦闘シーンや虐殺シーンがあるからだろう。

性的なシーンはないので、そこは安心して見せれる。

以上