読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウィジェットが便利


先週の週アスの特集がウィジェットだった。ウィジェットとは、iPhoneにはなかったものなので、どう使うのかよく分からなかったが、「アプリを起動しなくても状態を見れるアイコンのようなもの」のようだ。


実際にいくつかインストールしてみた。なかなか便利だ。現時点での一軍定着アプリといっしょに紹介。



(1)Google+ グループチャット : これは便利。ようするにチャットソフト。カカオトークの代わりに使っている。通話相手がGoogle+に登録している必要があるが、カカオトークよりもレスポンスいいし、メッセージ受信の取りこぼしがほとんど無いのが魅力。カカオトークはメッセージ受信時にいちおうプッシュ通知してはくれるのだが、なぜか通知がこないことも多い。



(2) Wi-Fi setting : アプリではなく、Andoroidの設定メニューからのショートカット。



(3) ウィジェットジョルテ」:カレンダーソフトジョルテをインストールすると使えるウィジェット。とりあえずカレンダー起動しなくても、曜日の確認や、単純な予定の有無を確認できるのはおおきい。



(4) ウィジェットHiFi for WiFi Lite」: 無料。いま自分がどのwifiにつながっているのか一目で分かるのがよい。IPや接続速度もみれる。クリックするとリセット(切断→再接続)されるので、回線の調子が良くないときとかにやってみると効果がある。便利だ。写真の「Avalon」とかかれている黄色文字は、wifiスポットの名前が入る。ちなみにアバロンはうちの無線LANのスポット名。



(5) ウィジェットCliph Weather」:今日から4日後までの天気がわかるように配置してみた。週末が近づいてきたとき、天気が一覧で把握できれば週末の予定たてやすくなるね。



(6) SilentCam : 起動も撮影もはやく音もでないので、電車の中で読んでる本の重要なところをさっと撮ったり、に使える。いままでは本に付箋はってたけど、無音カメラアプリと出会ってからは付箋もあまり使わなくなったな。ただ、本気で撮りたいときはこっちじゃなくて、通常のカメラアプリつかう。通常のカメラアプリはSamsungクオリティなのでよい。


(7) Google Reader : 日々の情報収集をおこなう。文字サイズが変更できなかったり、不満な点は多いが、まーなんとなく使ってる。



(8) Evernote : こいつの便利さがなんとなく分かってきた。世間がピーピーいっているのも頷ける。写真だけのノートをつくってアルバム代わりにつかってる。キャッシュがちゃんときいていて、オフラインでも写真だけのノートが見れたので大満足。


(9) TweetDeck : ツイッタークライアント。とくに不満ない。



(10) K-9 Mail :不動の固定アプリ。メーラーです。メインのアドレスはGmail(厳密には GoogleApps独自ドメインのメール)なのだけど、Android標準のGmailアプリより高機能、あと着信が着たときの通知が一番速い。 Galaxy player 70は3Gないから、メールの着信通知精度ななによりも重要。


(11) ジョルテ : 不動の固定アプリ。カレンダーソフト。iPhone時代はカレンダーアプリの起動時間の遅さに悩まされたが、こいつはいい。いまのところとくに不満ない。



(12) Internet : 不動の固定アプリ。デフォルトのブラウザ。firfoxとかのほうが高機能だけど起動の速さとかで考えたら、まーこれかなと。


(13) Application : Application一覧へのショートカット。アプリではなくデフォルト機能。iPhoneはデスクトップにあるアプリ=インストールされたアプリだけど、Androidはデスクトップに配置さるのは選択制。



あと、IMEをいくつか試した。
結論: OpneWnn flick対応版。


OpneWnn flick対応版:レスポンスいい。高速フリック動作にもちゃんとついてくる。いちおうネット上から変換候補拾ってくるけど、Shimejiにくらべたら、しょぼいし、意図したものがヒットすることはほとんどない。レスポンスのよさと総合的なバランスでこれかな。しかし、アイコンがださい。IMEだからアイコン表示されないからいいけど。(このマッシュルームプラグインを入れると、変換が助かるかも:Web IME Mushroom)
ATOK: さすが優良版。高速レスポンス。ただ、ネット上から候補拾ってこれない、あと1500円だすほど決定版ってほどでもなかったから。
Shimeji:ずっとこれつかってた。ぼくのように高速フリックやると、これはついてこれなかった。ただ、Web上から変換候補を拾ってくる量と精度はこいつが一番。