読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーツを安く作る

お得情報

驚異の低価格

県民共済都民共済を使えば、オーダースーツが¥9,975ほどで作ることができます。すなわち自分用に採寸してデザインに関しても細かく融通をきかせることができる。それがたったの1万円弱でできるとは信じられません。ツーパンツスーツだと¥13,965から。価格は地域の県民共済によって違いはあると思います。

イオンで作ろうと思ったら1着上下3万円くらいは必要なはず。これは安い。安いだけあって、多分、生地は高級スーツのものとは質が違うのでしょうが、素人にはそんなことわかりません。たぶん。

条件は共済の組合員であること

こんな安くスーツが作れるのにあまり知られていない理由はここなんだと思います。県民共済の加入者でないと作ることができません。スーツ作るために共済に入る人もいるとききます。私もすでに生命保険は他社で入っているので、今回スーツ作るために、火災保険に加入しました。月々の支払いは588円です。

スーツは数年おきに作りかえるものですから、組合員になり、いつでも安いスーツを作れる権利を保持しておくことにも価値があるとおもいます。無駄な保険に入り続けるのはお金の無駄ですから、じっくり選んで長くつかえる保険に入れたらいいですね。

作るのは平日がベスト

週末は激混みで、とても店員さんに声をかけれないような感じ。平日いくとガラガラなので、店員さんと話し合いながら、デザインの細かいところまで詰めていくことができます。仕立てやデザインの用語で知らない単語もあるし、採寸でどの部位をどんくらい余らせるか、しぼるかなどのアンバイについてもわからないことが一杯です。店員さんとじっくり話し合える平日がいいでしょう。

ちなみに「名前・住所」を申込用紙に書きますが、組合員である証明はとくに必要ない感じでした・・・(うらでデータベース照会しているのかも知れませんが)。支払いは現金先払い。内金を最初にはらって、受け取りの時残り支払いとかもできる。現金以外の支払いはできないので注意。

受け取りはおよそ3週間後

海外縫製なので時間がかかります。気長に待ちましょう。

受け取りは1分で

作った時に「いついつに仕上がります」という引換票をもらいます。当日、引換票もっていけばすぐ出来上がったスーツを持ってきてくれます。組合員番号は聞かれませんでした。そのまま持って帰ってもいいでしょうが、初めての利用なら、その場で着てみるのがいいでしょうね。今後オーダーするとき、そのデータが基本になるので。


以上