読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

複数人でのフォルダ・ファイル共有は GoogleDriveが便利

クラウド

f:id:kiyoshi_net:20170108122236p:plain

クラウド上のドライブに共有フォルダをつくり、複数人で共有すると便利です。今回はGoogleDriveを紹介します。

目次

なぜ数あるクラウドのなかでGoogleDriveなのか

 最近は共有機能のあるクラウドストレージサービスはいくつかあります。その中でなぜGoogleDriveかというと、理由はみんなGoogleアカウントを持っているからです。

 フォルダの共有設定をする場合、仲間(プロジェクトメンバー)のメールアドレスが必要ですが、社内ならともかく、会社や国が違う人たちで、共通するサービスが何かを考えないといけません。

 Googleならほぼだれでもアカウントをもっていますし(主観)、なくてもすぐ作れますので、「おりゃ、共有」ってときのスピード感が違います。

 共有設定のため「このサービスのアカウント作ってください」っと依頼するのって、結構めんどくさいですからね。

 Windows用、スマホ用ともにアプリが提供されているので、いつでもどこでも閲覧・編集ができるので共有しての仕事が捗ります。唯一の問題は表計算ソフトをGoogleドキュメントのスプレッドシートにするか、Excelにするか。。。ですが、それはまた、別の話。

共有フォルダの設定方法

 では、さっそく共有設定にはいりましょう。(だれかが共有フォルダ設定してくれていて、メンバーとして使うだけ、という人は、ここは読み飛ばして、次の「Google Driveクライアントアプリのインストール方法」からご覧ください。)

  1. GoogleDriveを開きます
  2. 共有したいフォルダを作成します
    • f:id:kiyoshi_net:20170108124856p:plain
    • f:id:kiyoshi_net:20170108124920p:plain
  3. 共有設定をします
    • f:id:kiyoshi_net:20170108124945p:plain
    • リンク共有を「オフ- 特定のユーザ・・・」に設定し、共有追加したい人のメールアドレスを入力します。
    • f:id:kiyoshi_net:20170108125049p:plain
    • メールアドレスを登録した相手に招待メールが送信されますが、メールは見なくても大丈夫、すでに共有設定は済んでいます。

Google Driveクライアントアプリのインストール方法

Windowsの場合>

  1. 以下のURLからソフトをダウンロードして実行
  2. 共有したいフォルダが、同期対象になっているかを確認します。
    • PCの空き容量が問題ないかも確認します。
    • GoogleDriveのフォルダを同期すると、すべてWindows上にファイルをダウンロードしてきますので、不要なフォルダ、動画ばかりで何TBもあるようなフォルダがある場合は事前にチェックを外しておきます。
    • f:id:kiyoshi_net:20170108131119p:plain
  3. この共有設定はあとからも確認できます。
    • デスクトップ右下のGoogleDriveアイコン右クリック→「・・・」クリック→「設定」
    • f:id:kiyoshi_net:20170108131208p:plain
  4. これでPC上のフォルダを扱うようにGoogleDriveのファイルがエクスプローラで扱えるようになるため、便利です。

Android / iOS の場合>

- アプリをインストールするだけで同様にしようできるため、説明は省きます。

注意事項

  • テキストファイルは UTF-8で保存しよう
    • スマホ版GoogleDriveアプリで見た場合、文字化けします。
    • メモ帳の場合:名前をつけて保存で、ファイル名を指定するしたに「文字コード」があるので「UTF-8」に指定して保存
    • f:id:kiyoshi_net:20170108121734p:plain
    • サクラエディタの場合:名前をつけて保存で、ファイル名を指定するしたに「文字コードセット」があるので「UTF-8」に指定して保存
    • f:id:kiyoshi_net:20170108121747p:plain
  • テキストファイル(.txt)はスマホアプリからは編集できない
  • iOSのGoogleDriveアプリのできが最悪
    • GoogleDrive上の動画やMP3が再生できない。Android版アプリではどちらもできるので、Google社が嫌がらせしているとしか思えない。
    • 「Gdrive for GoogleDrive」というアプリを導入すれば動画もMP3も見れるのでインストール必須。(別記事で書く)
  • 使用可能な容量についてはちょっと複雑です。一人あたり無料プランで15GBの容量がわりあてられているわけですが、詳細は以下記事に書きました。

そんじゃーの!