IIJのeSIMで使おうと思ってRakuten mini(C330)を買ったけど、後期ロットだったためバンド1に対応しておらず、Wi-Fi専用機として運用することになった失敗談

長いタイトル・・・。

経緯

以前の記事でも書いたとおり、ドラクエウォーク専用端末としてつかっていたiPhoneSE(初代)が壊れてきたので、代替機を探していた。

kiyoshi.hatenablog.com

その後、本当に使用不能なレベルまでiPhoneSEが壊れたため、秋葉原の中古ショップに買いに行った。

f:id:kiyoshi_net:20210112141514j:plain
画面が完全に壊れてしまった初代iPhoneSE

秋葉原のイオシスで5,980円

イオシスとは有名な中古スマホショップ(チェーン)。

Sランク、Aランク、Bランク等あり。色も何種類かあった。初期ロットか後期ロットかも選択可能だった。

事前になにも調べず適当に後期ロットを購入・・・。3ヶ月保証つき。

f:id:kiyoshi_net:20210112175948j:plain

開封の模様とは別の記事で書こうか。

rakuten miniのロット問題(バンド1対応有無)

まず、前提として、Rakuten Mini C330を楽天モバイルの回線で使う分にはなんの問題もない。

全ては格安SIM等+SIMフリー機として使おうとした場合の制限。

格安SIMで使用できる国内の回線はだいたいドコモ系、AU系、ソフトバンク系がほとんどかと思うが、そのどれもがバンド1を使用しているため、SIMフリー機もバンド1に対応している必要がある。

ところが、このRakuten Miniは曲者で、初期ロットはバンド1に対応しているが、後期ロットはなぜかバンド1に対応しておらず、実質楽天モバイル以外の回線では使用できないような強烈な嫌がらせが施されている。

楽天モバイル自体はバンド1を使用していないため、Rakuten Miniがバンド1非対応であっても問題はないのだが、SIMフリー機なのに格安SIMの選択肢がないというのは痛い。

バンド1非対応は2020年の6月ごろ突然おきたようで、筆者はしらなかったがその界隈ではひと悶着あったらしく、お詫び&正規ルートでRakuten Mini(後期ロット)を購入した人は公式サポートからバンド1対応品と無償交換してもらえてたようだ。

機器交換でのバンド1対応ということは・・・今後のファームアップで対応とかも期待できないかなぁ・・・。

f:id:kiyoshi_net:20210113210912j:plain
Rakuten Mini C330 対応周波数帯

IIJ eSIMのページにもちゃんと書いてる・・・。

f:id:kiyoshi_net:20210113211603p:plain

www.iijmio.jp

まとめると、

・初期ロット:IIJのeSIMが使用可能
・ 後期ロット:IIJのeSIMが使えない。楽天モバイルの契約必須 or Wi-Fi専用機

イオシスのサイトでも購入可

初期ロット、後期ロットとわかるように販売されている。秋葉原までわざわざ電車代かけていかなくてもネットで買えばよかったかな・・・。

f:id:kiyoshi_net:20210113221837p:plain

iosys.co.jp

モバイル通信なしでWi-Fi専用機としても使える

筆者は楽天ミニをWi-Fi専用機として使うことにした。

5,980円だし、ちょっとした勉強代だと思って諦める。

筆者はドラクエウォーク専用端末として購入したので、モバイル通信できなくても特に困らない。普段のメイン機でテザリングして、Wi-Fi接続して外でも使えるからそこまで支障はない。

今回の教訓

SIMフリースマホを購入する際は、事前の情報収集が必須!

以上