読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグワン、ちゃんとスターウォーズだった

f:id:kiyoshi_net:20161225184851j:plain (パンフレット税込み1,000円)

 見てきました。昨年の今頃、エピソード7で大盛り上がり、続編のエピソード8が2016年末にやるとの噂だったのでグーグルカレンダーに予定は入れておいたのですが、結局はエピソード8はまだ未定でローグワンに切り替わっていたわけです。

 とはいえ、それなりにスターウォーズだということで、ネタバレ無しに正月休み中ネットサーフィンするのは無理そうなので、クリスマスの今日、見てきました。

 時代設定としては、スタウォーズエピソード4の数日前のストーリー。エピソード4のオープニングであらすじが流れますが、その中の一段落「星を破壊する兵器の設計図をスパイたちが入手した、うんぬん」の出来事をまるごと映画にしたものです。

 有名な俳優はいないようです。中国資本が強烈にはっているからなのか、なぞの中華系キャラクターがいて、チラシとかみると明らかに浮いていて大丈夫かなーと思っていましたが、劇中では違和感なく活躍していたので良しとしましょう。

 たのスターウォーズシリーズとは違い、ジェダイがライトセーバーでチャンバラするシーンはありません。いちぶチアルートが超人的なバトルシーンを見せますが、ジェダイではないようです。しかしジェダイが出ない以外はちゃんとスターウォーズ。反乱軍vs帝国軍のバトルシーン、とくにラストのスカリフでの両軍の激突は迫力ありました。おびただしい数のタイ・ファイターが一度に出撃するシーンとかこれまでのスターウォーズになかったかと思います。身震いしましたね。

 で、最後はまさかのバッドエンドで、設計図を入手するために潜入した特選チーム(ローグ・ワン)は全滅してしまうのですが、入手したデータをちゃんと転送してレイア姫にて渡れるところで話しは終わります。

 途中、ただの戦争映画かよ、というような展開もありましたが、最後にレイア姫に設計図を渡すことで、「ちゃんと」スターウォーズになりました。ダースベイダーもでてきますし、レイア姫はまさかの昔の画像をデジタル・リマスターして登場、グランド・モフ・ターキンはまさかのCGで登場。やはりCGだと顔の演技がいまいちですね。一発で「あ、CGだ」ってわかりました。

 既存スターウォーズファンを喜ばすために、オーガナ議員だとか、R2D2,C3PO、潜伏中の伝説のジェダイのエピソードなども出たりして、サービス、サービスぅという感じでありました。

 事前にEP4を予習してから見に行くと面白いですね。反乱軍の特徴的なヘルメットとか、デス・スターのアナログ的な操作ボタンもちゃんと同じレベルで再現されております。

 今の子どもたちは羨ましいですね。EP1からEP7まで通しでいつでも見れて、壮大なスターウォーズの世界が楽しめるわけですから。さぁ、あとはEP8だ。楽しみにしておるぞ。

ソンジャーノ